So-net無料ブログ作成
チーズ・ワイン ブログトップ
前の5件 | -

プロヴァンスのアペリティフ。 [チーズ・ワイン]

プロヴァンスのアペリティフを題材にした、
チーズセミナーにうかがいました。

image.jpg

ハーブを使ったアペリティフに
リコリスやアニスで作られたお酒、
パスティスを合わせます。

独特の味わいのパスティスでしたが、
栗のハチミツと合わせた山羊のチーズと、
相性抜群でした♪





チーズの会。 [チーズ・ワイン]

この度もはんちゃん宅にて、
asamiさん あんちゃんさん、スカビオサさん、
ちょびっとさんとご一緒に、
チーズの会を開かせていただきました。



フランス南部のチーズや、
前回食べられなかったサヴォワ地方のチーズや、


1.jpg

その他もろもろ、おまけチーズも持参いたしましたら、
なんと、13種類にもなってしまいました~~ 汗



早いですけど、
今年一年、チーズでお世話になりました
感謝も込めまして。





おなかいっぱいになってしまうので、
とりあえず少しづつテイスティング・・・。

2.jpg



また次回も、
どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(20)  トラックバック(0) 

グラン リヴァロ。 [チーズ・ワイン]

「リヴァロ」は
ノルマンディ地方のウォッシュチーズで、


カマンベールチーズよりもふた周りくらい
小さいサイズをお店ではよく見かけますが、


コチラは直径が2倍くらい大きい、
1キロのものでした。

2-3.jpg

大きくつくられるとチーズはおいしい、
と一説あるので、
大きいサイズのものがあると、
なるべく購入してみています。




内層はポコポコと穴の開いた、
特徴は同じです。

2-2.jpg

むちむちとして、しっとり。
ミルクの甘みとウォッシュの風味が
とても美味しかったです。




リヴァロの特徴、
水草もきちんとまかれていました。

2-1.jpg




タグ:リヴァロ
nice!(8)  トラックバック(0) 

チーズ会。 [チーズ・ワイン]

先日、はんちゃんのお宅で、

ちょびっとさん、スカビオサさん、
あんちゃんさん、asamiさん&タイガくんと、
チーズ会を開かせていただきました。



今回はフランス、南西の山間部のチーズを中心に。


1-1.jpg


スイス国境近くとはいえ、
コンテなどとは違って少しお味・形に特徴のあるチーズ達。



お味や形の特徴などを、
二種ずつにたチーズを食べ比べながら、
楽しんでいただけたらうれしいなぁと思いました。




アボンダンス)
側面の湾曲が特徴。
ナッツや発酵的なお味もあり、
味わい深い特徴。


ボーフォール)
コチラも側面の湾曲が特徴。
アボンダンスよりも大きいチーズなので、
断面では高さ、で特徴の違いが出ます。


カンタル)
2000年以上もの歴史のある、
臼型の素朴な大型チーズ。
チェダーにもにた味わいがあります。


サレール)
カンタルの生産限定のチーズ。
今回は独特の風味が強く出てしまう感がありましたが、
旨味が強くなって美味しいチーズです。


トム・ド・サヴォア)
素朴な風貌の、見た目に似合わず軽やかでおいしいチーズ。
今回は旨味たっぷりでした


トム・デ・ボージュ)

サヴォア同様、素朴な風貌のチーズ。
熟成感たっぷりでしたが、
素直に、トム・デ・サヴォアのほうが
今回はおいしかったです♪



今回もザンネンながらワタクシ、
チーズの写真などございませんが、
楽しいひと時でございました!



皆様、ありがとうございました!!!


フロマージュ・ド・ブルビ。 [チーズ・ワイン]

この時期限定で生産されている、
清水牧場さんのフロマージュ・ド・ブルビを
購入することができました。


1.jpg

パッケージもとてもかわいらしかったです。




羊乳製のチーズは手のひらサイズで、
周りを洗ってある、ウォッシュチーズのタイプです。

2.jpg

ウォッシュ独特の香りはしますが、
見た目より比較的控えめで、
皮もそのまま食べてもおいしい風味です。


ミルクの風味のやさしさとあいまって、
夏に食べてもおいしいウォッシュチーズだなぁ
って思いました。


初夏の草原の草を食べている、
羊たちが思い浮かぶような。



まさに、旬のチーズでした。






※しばらくコメント欄、閉じさせていただいております。
 申し訳ございません。


nice!(16) 
前の5件 | - チーズ・ワイン ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。